TOP

失敗をしたくない方は当サイト体験談をご覧ください!

いつもと違って楽しかった

いつものお気に入りの風俗の女の子と遊ぶようになっていつの間にか2年が経ってしまいました。彼女に出会う前はまさか自分がぽっちゃり専門のデリヘルにハマってしまうとは思ってもいませんでした。最高な気持ちになるのはいつものことなんですが、今回はとにかく彼女を喜ばせてあげようと考えてこちらがとにかく攻めまくることにしました。いつもは彼女が自分を思う存分攻めてくれるので彼女の気持ちいいところは全く予想がつきません。とにかく、ゆっくりと丁寧に攻めようと思い、身体の隅々まで攻めましたが、その時に彼女が見せるピクンという反応がとにかく可愛かったですね。こちらが唇でクリを甘噛みしているとかなり気持ちよかったみたいで声を出して感じてくれました。だんだんこちらも彼女の感じるところが分かってきましたのでそこを重点的に攻めましたが、最後は潮をちゃんと吹いてくれました。ピクピクしながら息を荒くしてくれたのでその姿を見るだけでも興奮してしまいました。いつもと違った楽しみ方が出来ました。



はっきりとしない子でした

とにかくはっきりと物事を進めたい性格をしており、仕事もプライベートもとにかくはっきりとしない人は苦手です。今回利用した風俗店はC県内の人妻が多く在籍しているホテヘルを使いましたが、とにかく優柔不断な女の子でしたので疲れてしまいました。自分がどういうことをされたら嬉しいかと聞いてもわかんない、どういう事が得意かを聞いてもわかんない、こっちが攻めてて何かを聞いてもわかんない、とちょっと困ってしまいました。こういうお店では会話も楽しみたいので本当にこういうタイプは困りましたね。プライベートの友達であれば確実に付き合わないタイプなのは間違いないのですが、今回は高いお金を出しているのでとにかくある程度は満足したいと思っていましたのでしっかりと途中からは自分がやりたいように上手く持って行きました。とにかく最後はしっかりと彼女の口の中でいきたかったのですが、テクニックも無かったのでとにかくいこうとこっちは必死でした。なんとか彼女の努力もあり最後はギリギリでいくことが出来ました。

市川のお気に入りのデリヘル嬢が彼女になるまでの話

千葉県市川市で運命的な出会いをした。彼女はかつて市川市のデリヘルで働いており、私が一方的に恋をして、彼女が務めるデリヘル風俗店に長いこと通いつめて実った話だ。話は1年前に遡る。私は大学を卒業して東京都内の企業に就職したが大学入学時から慣れ親しんだこの家と市川の街が気に入ってしまって引っ越すことが考えられなかった。会社までの通勤時間は1時間弱。市川駅から電車を2回乗り継いで付く位置にある。大学は家から徒歩でいける距離だったので社会人になって初めて電車を利用して通勤する事に最初は違和感しかなかったが、それも一週間で慣れてしまって今ではこの通勤ラッシュの波にも上手く乗れているような気までしている。毎年行われているであろう新入社員歓迎会に当然のことながら私は呼ばれてこれから仕事を共にする同僚や上司の方々と先の未来の話に花を咲かせて楽しく飲んでいた。私はこの会社の方が陽気で明るくて好きではあるが、入社して直ぐに風俗の経験が有るだの無いだのの話をするのには少し抵抗感があった。この歓迎会の席でも当然、酔いに任せて下の話が出て来る。私の直属の上司が大の風俗好きで週末仕事を終えた後には大体ホテル街に消えていく、という噂を聞いているだけあって風俗関係に関する話しをするとその手の話は幾らでも出て来る。特にこの上司はデリヘルが大の好みのようで、市川市のデリヘルは太鼓判を押すほど良いと話している。最初は驚いた。私の住む市川にデリヘルが有ることにまず。続けて上司は私が市川に住んでいることを羨ましがり、今度泊めさせてほしい、と言ってきたのだ。私の家をデリヘルのプレイルーム扱いにされては堪らない。そう思い得意の愛想笑いで躱したが、市川のデリヘルの話は終わらない。余程思い入れがあるのかわからないが、市川のデリヘルの話だけで30分は話していた。何度「市川」と「デリヘル」を聞いたかわからないくらいだ。結局そんな話しを延々と聞いていたせいもあって家に帰ってから市川のデリヘルの事が頭から離れない。丁度その時は週末で翌日は休み、しかも給料日当日だったのだ。程よく酔っている私に躊躇する隙は無かった。「市川 デリヘル」をスマホで検索して一番上の店舗サイトにアクセスし、出勤情報の中から自分好みの女の子探していた時に「ビビッ」ときてしまった。これがすべての始まりだったのかもしれない。普段この手のことに関して奥手だった私が何も躊躇せずに利用を決意し、気がついたときには既に最寄りのラブホテルの一室にいた。ラブホテルに到着するまでのプロセスはよく思い出せない。しばらくベッドの上に座っていると「コン、コン」とノックの音がする。扉を開けた瞬間、私はその日から何かが変わっていった。